プロ野球クライマックスシリーズの制度的利点

プロ野球クライマックスシリーズの制度的利点

プロ野球クライマックスシリーズの制度的利点 空きがだんだん深まってくると、プロ野球のシーズンも佳境にさしかかってきます。一昔前であれば、セリーグから1チームパリーグから1チーム、リーグの優勝者が決定し、日本シリーズに向けての準備をする時期が10月という時期でした。しかし現在では、クライマックスシリーズという制度が発足したことによって、プロ野球界に劇的な変化がもたらされました。

クライマックスシリーズというのは、各リーグの3位までの球団にまでリーグ優勝のチャンスを与える新しい制度であって、クライマックスシリーズの覇者となった球団が、各リーグの代表者として日本シリーズを戦うという仕組みを持ったシリーズです。いわゆるプレーオフ制度です。クライマックスシリーズでは、まず各リーグ2位の球団と3位の球団とが3試合制の試合を行い、勝者となった球団が1位の球団と試合を行うという仕組みになっています。この制度の導入によって、レギュラーシーズンの終盤までいわゆるAクラス争いが活発になって、消化試合が大幅に減ったというところに利点があると言えます。消化試合になれば、それだけ観客数も減ってしまいますし、試合としての面白も見も半減してしまうからです。またより多くの球団に優勝のチャンスが与えられ、選手たちのモチベーションの向上にもつながるのです。
Copyright (C)2014プロ野球クライマックスシリーズの制度的利点.All rights reserved.